ウェディングドレスのクリーニングの料金の相場は?口コミおすすめ業者はここ!

ウェディングドレスをクリーニングに出すタイミングは1回とは限りません。

たとえばオークションやレンタルショップの中古品を購入した場合、購入時にクリーニング済となっていても、自分が着る前にはクリーニングに出した方が新鮮な気持ちで着られます。

また自前でも中古でも結婚式や披露宴で着た後には再び着る機会はないので、汗や汚れをきちんと落としておかないと黄ばみやシミの原因になります。

他にも式の前に記念写真を撮影しておくケースがありますが、この時にファンデーションがついたり汗をかいたりすることがあるので、クリーニングに出して染み抜きや汗抜きをしておきましょう。

ウェディングドレスはほとんどが白ですし、花嫁にはスポットライトも当たるので、少しの汚れでも目立ちます。

今回は、

  • ウェディングドレスのクリーニング料金の相場
  • 出すタイミングや頻度
  • 出し方、つけるべきオプション
  • ウェディングドレスのクリーニングにおすすめの業者

などを解説していきます。どうぞ参考にしてください。

ウェディングドレスをクリーニングの相場料金は?

ウエディングドレスの特徴は?

ウェディングドレスと一般のワンピースとの違いは、レースやシルクなどの高級素材をたっぷりと用いていること、フリルやひだなどが付いた丈の長いデザインが主流であることです。

さらにスパンコール・スワロフスキー・リボンなど豪華な装飾が施されているドレスも少なくありません。

どこのお店でもできるわけではない

取り扱いをしていないお店もありますし、メニューにはあってもデザインを見て断られることもあります。逆に技術に自信のあるお店に中には、メニューに載っていなくても受け付けてくけることもあります。

またウエディングドレスの場合、ペチコート・ベール・パニエなどがセットになっています。クリーニングをする場合、ドレス本体だけでなくセットで受け付けてくれるお店を探しましょう。

料金の相場は?

ウェディングドレス本体8,000円
ペチコート1,800円
ベール1,800円

ですが、デザインや装飾によって料金がアップします。

※料金はホワイト急便・ノムラクリーニング・ポニークリーニングの平均としています。

ちなみに最大手の白洋舎であれば、12000円(税別)~依頼することができます。

宅配クリーニングのピュアクリーニングなら

種類オゾンコースシリコンコース(当店オススメ)
料金12,000円15,000円
ひとことフルメンテナンスコース24,000円もご用意。「お洋服のエステ」と呼ばれるほどの仕上がりに。全額返金保証付き

ピュアクリーニングは料金だけみると店舗のあるところと比べると高い値段と感じます。

しかしウェディングドレスを店舗へ持ち運ぶ手間、仕上げの保証ない、などの点を考慮するとピュアクリーニングをおすすめします。

口コミを見る詳細はこちら

 

ピュアクリーニング以外のウェディングドレスのクリーニングを扱うおすすめ業者は以下をご覧ください。

 

ウェディングドレスのクリーニングのおすすめ業者

ウェディングドレスは女性にとって大切なモノ。

安さだけで見ると町のクリーニング店でも一見良いように見えます。

しかしクリーニング技術、保証などの観点から見てウェディングドレスのクリーニングは以下の業者をおすすめします。

ピュアクリーニング

会社名:株式会社ホワイトウイングス
所在地:静岡市清水区楠新田224-1
価格:12000円~
特徴:全額返金保証・再度仕上げ直し

ピュアクリーニング 詳細・口コミを見る

 

キレイナ

会社名:株式会社キレイナ
所在地:兵庫県尼崎市下坂部3丁目17-5
価格:20000円~
特徴:高級ブランド専門クリーニング店

キレイナ 詳細・口コミを見る

DEAクリーニング

会社名:アットデア株式会社(商号:クレアン)
所在地:埼玉県さいたま市大宮区三橋3-234-1
価格:サイズにより変動
特徴:10000円以上送料無料・真空パック(別途料金)

ドレスクリーニング東京Fine

会社名:ドレスクリーニング東京Fine
所在地:京都府久世郡久御山町田井西荒見51 3階
価格:13400円~
特徴:真空パックあり(別途料金)

ウェディングドレスをクリーニングに出す頻度は?

ウェディングドレスは何回も着るものでありませんよね。基本的には一生に1回着る大切なドレスです。お式が無事に終わったら、できるだけ早くクリーニングに出すことが大切です。

こまめにクリーニングに出そう

お色直しがあるので、自分のウェディングドレスを着ている時間は長くても半日程度ですが、緊張による汗や食べ物や飲み物によるシミ、お化粧などの汚れがつく要因はとても多いです。

知らず知らずのうちに汚れているので、数時間しか着ていなくてもクリーニング必要です。

誂えのドレスでなく中古のドレスの場合には、お式に着る前にも1回出しておいた方が良いでしょう。

清潔な状態で販売されてはいますが、黄ばみやにおいがついていることがありますし、しわがついていることもあります。

お祝いの席にふさわしいドレスにするためにも、中古のドレスは着用前にも1回クリーニングをしておくといいですね。

写真撮影だけでもクリーニングへ

誂え・中古にかかわらず、記念写真をお式とは別の日に撮影することがあります。

撮影の場所をスタジオ以外の公園や海など屋外を希望する場合は汚れが付きます。汗もかきますし、メイクが付くこともあります。

撮影をした日がお式の直前だとクリーニングを間に合わせるのは厳しいですが、数週間の余裕があるのなら、クリーニングに出してきれいにしておきましょう。

1回の結婚式でウェディングドレスをクリーニングに出す頻度

誂えなら式の直後に1回、記念写真の撮影を別撮りにした場合には2回必要で、中古なら式の前後の2回、記念写真の撮影を別撮りにした場合には3回になります。

クリーニングならネット宅配がおすすめ!
今、おすすめはここ!
⇒ 最短2日・返金保証付きのリネット
あれどう洗う?洗濯のお役立ち情報更新中!
⇒ 洗濯からアイロンがけ、保管方法まで解説

ウェディングドレスをクリーニングに出す時の注意点!正しい出し方は?

着用前に依頼する場合

ウェディングドレスは特殊品扱いです。高級素材が使われていてとてもデリケートなので、どこのクリーニング店に出してもいいというわけにはいきません。

例えば毎日着替えるワイシャツなら、できるだ安くきれいにしてくれるお店を選びたいですが、ウェディングドレスの場合にこだわりたいのは、料金ではなく仕上がりの品質です。

ウェディングドレスは生地が高級なだけでなく、ギャザー・フレアー・フリル・レースなどで飾られていますし、刺繍・造花・スワロフスキーなど特別な装飾を施したものも多いです。

クリーニングは型崩れしないように慎重に慎重を重ね、白いものはより白くしわのないように仕上げる必要があるので、通常は仕上がりまでの日数がかかります。

お式の前に着用して汚れが付いた場合に、迅速な対応をしてくれるお店であることも依頼のポイントになります。

使用後に依頼する場合

ウェディングドレスを着た後のクリーニングのポイントは、汗抜きや染み抜きの高い技術を持っているかという点です。

基本的にお式の後に再び着ることはないので、クリーニング後の保管は長期になります。長期間保管していても黄ばみが起こらないこと、しわくちゃにならないことが理想です。

白い衣類はきれいに洗濯をしたつもりでも、繊維の奥に染みついた汗や汚れが少しでも残っていると、保管している間に黄ばみや臭いの元になります。

汚れの確認

ウェディングドレスを着ている間は、結婚式と披露宴のことで頭がいっぱいなので、ドレスが汚れても気が付かないことが多いです。

クリーニングに出す時には、ひだや飾りの間などの細かい部分もしっかりと汚れの箇所を確認しましょう。時間があれば、目立つ色の糸で印をつけておくと確実にきれいにしてもらえます。

ドレス本体だけでなく、ペチコート・パニエ・ベールなどの付属品も同時に出す必要があるので、汚れのチェックは大切ですよ。

ウェディングドレスをクリーニングに出す時に利用したいオプションは?

最初からセットされているオプション

ウェディングドレスの場合、通常はオプションとなる抗菌・防臭・防虫・汗取りなどが料金に含まれていることも多いです。

何度も着るものではなく、クリーニングをした後は長期保管になることが多いためです。

そのため仕上げ後にはビニール袋ではなく、完璧に乾燥させた後に専用のパックに入れて真空パックにしているお店も少なくありません。

ビニール袋は湿気がこもりやすいという特徴から、長期保管する場合にはいったん袋から出して、自分でパッキングしなおす必要があります。

真空パックのメリット

真空パック仕上げにすると、空気に触れないので黄ばみのリスクが最小限になりますし、カビや虫食いの予防としても効果があります。

オプションなっているお店もあるので、仕上げの方法として指定をすると良いでしょう。

クリーニング後のウェディングドレスの保管の仕方

真空パック

真空パック仕上げを依頼した場合には、引き取ってからそのまま保管すれば特に問題はありません。

ウェディングドレスの真空パックは、市販の圧縮袋よりしわができにくい方法を取り入れています。

なにより空気を遮断するので埃がついたりカビが生える心配がありません

ウェディングドレスは生地をたっぷりと使っていて保管場所が必要ですが、真空パックにすれば省スペースで保管できます。防虫剤や除湿剤を使用しなくても大丈夫です。

できれば状態をまめにチェックして、1年か2年に1度くらいの割合で再度クリーニングをすると劣化を予防できます。

専用の箱に保管する

真空パックのオプションがない場合、仕上がり後にはいったん包装を外して空気に当てます。

半日程度屋内で乾かした後、購入した時に入っていた箱に入れて保管しますが、着物をしまう時に使用するたとう紙か不織布で覆ってから箱に入れます。

防虫剤や乾燥剤を入れておくと防虫・防カビの効果が得られます。防虫剤の効果は期限があるので、期限が来る前に取り換えておくことが必要です。

白いものは空気に触れる時間が長くなると酸化して黄ばむので、定期的にクリーニングに出すと安心です。

 

パーティードレスのクリーニングは以下の記事を参考にどうぞ!

パーティードレスのクリーニングの料金相場は?5社比較してみたおすすめはここ!

 

宅配クリーニング業者を厳選3社比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です