ウォッシュフォールドの評判、料金など調べました。

ウォッシュフォールドとは、洗濯の代行を請け負っているお店です。

衣類には、自宅の洗濯機で洗えるものとクリーニングに出した方が良いものがあります。自宅で洗える衣類は、洗濯機に任せておけばほとんどの場合脱水まではしてくれます。なかには乾燥まで完璧にこなしてくれるマシンもありますが、たたみに関しては今のところ人の手が必要です。

それでも、自宅での洗濯が難しい人も多いです。単身赴任、仕事が忙しい、大家族、雨の季節など様々な理由が考えられます。

洗濯代行のウォッシュフォールドに依頼すれば、洗濯に手が回らない人の汚れものの困ったを解決してくれます。店舗持ち込みが基本ですが、近くに店舗がなくても宅配便で依頼ができるので大丈夫ですよ。

ウォッシュフォールドの特徴や評判は?

クリーニングと洗濯代行は違うの?

通常、自宅で洗いにくい衣類はクリーニングに出しますよね。シミ・汗などの汚れを落としてもらった後、アイロンがけまでが料金に含まれています。

対してウォッシュフォールドは普通なら自宅の洗濯機で洗っている衣類を代行してくれるサービスです。大きな違いは、アイロンがけはサービスには含まれないことと、ハンガーではなくすべて畳んでくれる点にあります。

ウォッシュフォールドの特徴

依頼方法は簡単で、洗濯してほしい衣類を専用のランドリーバッグに詰めて集荷してもらうだけです。洗う時にはランドリーバックごとに行うので、他の顧客の衣類が混ざる心配がありません。

敏感肌の人は洗剤によっては肌あれのリスクがありますので、肌にも環境にも優しいEM洗剤を利用しています。EM洗剤は、自然界にも存在する乳酸菌や酵母などの善玉菌からなるEMを用いて作られています。

洗った後は、業務用の大型ガス乾燥機でふんわりと仕上げています。乾燥した衣類は1点ずつ手で畳んで仕上げます。アイロンがけはしませんが、ふんわりとした生地の風合いを損なわないよう、またシワを作らないように丁寧に仕上げています。

畳んだ後は、ビニールで包んで優しい圧縮をして納品します。

どんな人が利用するの?

自分で洗濯をしないで洗濯に出すなんて贅沢な気がしますが、洗濯が難しい状況って誰にでもありますよね。

・子育て中
・仕事が忙しい
・大家族
・天候不順で雨が多い
・体調が悪い
・家族の介護中で時間がない
・単身赴任
・高齢で大きいものが洗えない

などなど、ちょっと考えただけでも洗濯物が溜まってしまう原因はたくさん挙げられます。

衣類の数にも限りがありますし、汚れものを放置するとカビや臭いが染みついてしまいます。また深夜の洗濯機の使用は近所迷惑夜干しは乾きにくいなどもあるので、毎回ではなくてもプロに任せる人は多いです。

口コミの評価はどう?

◇単身赴任なので、洗濯が出来るのは週に1回あればいい方でした。自宅に送って妻に洗ってもらう方法もありましたが、洗濯を代行してくれるサービスがあることを知り、試しに利用してみました。便利ですね。シーツやタオル、枕カバーなどの洗っても干したりたたんだりするのが面倒なものを依頼できてたたんでくれるのが気に入りました。

◇雨が続くと、洗濯機の乾燥機能を使った後に部屋干しをしていたのですが、イマイチなんですよね。そんな時にウォッシュフォールドさんにお願いしたら、ふわふわに仕上がってきて助かりました。洗濯ができない時には便利だと思います。

ランドリーバッグが意外と大きいです。体調が悪い時に洗濯物が溜まってしまったので利用しましたが、ひとり暮らしだとなかなかいっぱいにはなりませんでした。家族が多いうちにはいいかもしれませんね。

ウォッシュフォールドの洗濯代行サービスの料金は?

料金は衣類1枚単位ではなく専用のランドリーバック単位です。初めて利用する時には、ランドリーバックの費用が500円かかります。

サイズはスモールとレギュラーの2種類が用意されており、バックに入るだけの衣類を依頼できるシステムになっています。

店舗への持ち込みだけでなく、遠方の人や急ぎでない場合には宅配便でも受付しています。店頭持ち込みの場合、時間や店舗にもよりますが当日仕上げも可能です。

レギュラーバック

6kgから8kgの洗濯物が入ります。45リットルのビニール袋の8割ぐらいの用量で、Tシャツに換算すると約60枚分に相当します。

料金は、店頭持ち込みの場合で税込みで2,200円。宅配便による依頼は、配送料込みで東北・関東・東海・北陸は基本的に3,000円です。他の地域からの場合には料金は上乗せになります。例えば沖縄からだと4,300円、北海道・九州からは3,600円です。

スモールバッグ

3kgから4kgの洗濯物が入ります。45リットルのビニール袋の半分くらいの容量で、Tシャツに換算すると約30枚分です。

料金は、店頭持ち込みの場合で税込み1,500円、店舗便の集荷サービスを利用すると税込みで2,200円です。スモールバックは宅配便の受付は行っていません。

◆取り扱いできない衣類は?

洗濯代行サービスでは、水洗いをするので取り扱っていない衣類があります。基本的には、自宅の洗濯機では洗わない方がいいとされている衣類と考えると分かりやすいです。

・水に弱い生地:シルク、ウール、革製品、レース
・色落ちしやすい染生地
・装飾品がたくさんついている衣類(ビジュー、スパンコール、ピースなど)
・乾燥の熱で変色・変形する可能性のあるもの(ワッペン、プリントなど)
・ペット用品や消毒が必要なもの

色落ちや色移りの心配がある衣類については、オプションの「色分け洗濯」を利用すれば受けてもらえます。別途料金が400円かかります。

また水に弱い衣類やアイロンが必要なものは、洗濯代行サービスではなくドライクリーニングで依頼することができます。

ウォッシュフォールドの対応エリアは?

宅配便を利用すれば全国どこからでも依頼可能です。店舗による集荷サービス・店舗持ち込みでも受け付けています。

受付時間は店舗によって異なっていて、最も早い受付時間は午前7時30分から、最も遅い受付時間は午後11時です。詳細は近くの店舗で確認してくださいね。

関東エリア:代々木、新宿小滝橋、奥沢、ベイシティ晴海、横浜大通り公園、中目黒高架下、高崎、前橋、南流山、葉山、柏の葉キャンパス

東海エリア:名古屋星ヶ丘

関西エリア:神戸垂水、西明石

中国エリア:広島幟町

東北エリア:石巻大街道、富谷大清水

九州エリア:長崎古町

北陸エリア:福井医大前

営業時間は午前9時~午後11時、定休日はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です