セーターのクリーニングの料金の相場は?出す頻度や出し方の注意点などまとめて解説!

セーターは自宅でも洗えそうですが、素材によっては縮んだり伸びたりして、お気に入りが台無しになることがあります。

風合いを損ねないようにふわふわに仕上げるには、クリーニングに出した方が安心ですよね。

直に素肌に着ることは少ないので、汚れが目立たなければシーズン終わりに1度洗えば十分と思っている人が多いですが、長く良い状態を維持するには適切な頻度、タイミングでクリーニング出す必要があります。

ここでは、セーターのクリーニングの料金相場や出す頻度、出し方の注意点などをまとめましたのでご参考ください。

セーターをクリーニングの相場料金は?

セーターをクリーニングに出す時には、素材の確認が不可欠です。

基本的にはセーターに利用されている素材は、水や高温に弱いという特徴がありますが、汚れや臭いがひどい場合には、特殊な技術を用いたウェットや水洗いが推奨されることもあります。

料金は地域やお店によって個々に設定されていて均一ではありません。

セーターの税抜き料金は420円が平均的な相場です。

オプションには、ウエットもしくは水洗い、柔軟仕上げ、染み抜きなどがあります。

ウエットもしくは水洗いを併用した場合、平均的な料金はドライの2倍が相場なので、税抜き料金で840円が目安となります。

宅配クリーニングのリネットなら

種類セーターカーディガン
料金590円780円
ひとこと初回50%OFFキャンペーン実施中。アパレルブランドと同水準のクリーニング。

口コミを見る詳細はこちら

 

通常のセーターを宅配クリーニングに依頼する場合はリネットがおすすめ。しかし、ブランドのセーターなので失敗したくない、素材が特殊、などの場合は、高級クリーニングに特化したお店へ出すのもアリですね。

高級クリーニングについては下の記事にまとめています。

高級クリーニングのおすすめ9選!ブランド服を出すならここ!

セーターをクリーニングに出す頻度は?

セーターは着る頻度にもよりますが、毎日着ることがなく著しい汚れがなければひと月に1回洗えば十分です。

1シーズンだと3回から4回ぐらいクリーニングに出しておけば、生地の傷みも最小限になり本来の風合いも維持できます。毎日のように来ているものなら週に1回が目安です。

ただし、焼肉、焼き魚、たばこなどの煙が充満する室内で着たセーターは、早めにクリーニングに出した方が繊維に臭いが染みつくのを予防できます。

下着などと同様に、1日着ただけでクリーニングに出していると、縮みや劣化を起こしやすくなります。色が褪せてくることもあるので、頻度を考えて洗うことできれいな状態を長く維持できます。

クリーニングならネット宅配がおすすめ!
今、おすすめはここ!
⇒ 最短2日・返金保証付きのリネット
あれどう洗う?洗濯のお役立ち情報更新中!
⇒ 洗濯からアイロンがけ、保管方法まで解説

セーターをクリーニングに出す時の注意点!正しい出し方は?

素材の確認

クリーニングに出す時に真っ先に注意すべき点は素材です。タグの情報を確認して正しい洗い方を選ぶ必要があります。

セーターの素材はウールばかりではありません。例えばウールが主素材だとしても、100%の場合もあれば、アクリル、綿、シルク、カシミヤ、アンゴラなど、混紡されているものによって洗い方が異なるのが理由です。

製造メーカーのサイトにも洗い方の注意点が記載されていることがあるので、合わせてチェックすると安心です。

シミと汚れ

シミや目立つ汚れのチェックを忘れないことです。通常のクリーニングで落ちる汚れもありますが、メイク用品などがついてしまった場合には、シミ抜きが必要になることもあります。

特殊な技術が必要なシミや汚れの除去にはオプション料金が発生するため、落としてし欲しい場合には、お店の人にあらかじめ申告しておくとよいでしょう。

ほつれや傷み

編み目や綴じ合わせた部分のほつれがないか、何かにひっかけて穴などができていないかの確認が必要です。

クリーニング店では、検品をして依頼品の状態を確認はしていますが、万が一見落とした場合、洗うことで傷みがひどくなる可能性があります。ほつれや傷みは修繕してから出した方が良いです。

セーターをクリーニングに出す時に利用したいオプションは?

ウェットクリーニング

水洗いのことです。ドライ仕上げが一般的ですが、汗や雨など水溶性の汚れはドライ溶剤では落とせません。

冬場に着る機会の多いセーターでも汗などが染み込んでいるので、シーズン終わりには水溶性の汚れも落としておかないと、保管中にシミやカビができる原因となります。

ドライと組み合わせたパックになっていて、ハイクラスとか高級仕上げコースなどのメニュー名になっています。ドライのみ料金の1.5倍から2倍が相場です。

柔軟仕上げ

クリーニングの溶剤や洗剤で汚れを落とすと、毛糸が本来持っている油の成分まで取り除かれます。クリーニング回数が増えれば毛糸内の油分は減るため、ゴワゴワとした肌触りになります。

着心地を良くするための方法として柔軟仕上げがあります。単独でオプションに加えるというよりは、通常のコースよりハイクラスなコースに加えられていることが多いです。

デラックスコースとか高級仕上げコースなどとして設定されています。料金の相場は、ドライだけの場合の2倍から3倍の料金が相場です。

クリーニング後のセーターの保管の仕方

ビニール袋から出す

クリーニングに出してきれいになったし、当分着ないとしても自宅に持って帰って最初にすべきことは、ビニール袋から出すことです。

仕上がったばかりの衣類は、パリパリに乾燥していることは少ないです。加えてビニール袋は湿気を含みやすいので、入れっぱなしにするとカビや悪臭の原因になります。

必ず袋から出して、風通しの良い室内または日の当たらない場所に半日程度干し、完全に湿気を飛ばすことが大切です。乾燥が不足すると、稀にドライ溶剤が衣類に残っていて皮膚炎の原因になることがあります。

くまなくチェック

ビニールから出して干した後、クローゼットや衣装ケースで保管する前にもうひと手間することがあります。戻ってきたセーターのチェックです。

申告したシミや汚れが落ちいてるか、溶剤による色抜けは発生していないか、ボタンや装飾品はすべてついているかなどをチェックします。

たとえ信頼がおけるクリーニング店でも万が一ということがあります。お気に入りのセーターを楽しんで着るために、手間がかかってもチェックは不可欠です。

防虫・防湿

セーターを自宅で保管するときのポイントは防虫と防湿です。クローゼットでも衣装ケースでも、保管時には必ず防虫剤と乾燥剤もしくは除湿剤を使用します。

衣装ケースに保管する場合には、収納量は7分目から8分目までに抑え、一番上に防虫剤を入れます。乾燥剤はケースの4角に入れて置くと良いでしょう。

クローゼットなら、クローゼット用の防虫剤を衣類に触れないように使用し、足元に除湿剤を入れておきます。除湿剤は水分量を確認して定期的に交換すれば、カビの予防に有効です。

\セーターの宅配クリーニングにおすすめ/

口コミを見る詳細はこちら

↑クリーニング店に足を運ぶ必要なし!

 

40社以上の宅配クリーニングから選んだ最もおすすめはここ↓

宅配クリーニングの口コミランキング@40社以上調べた中のおすすめは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です