スーツのクリーニングの料金の相場は上下約1000円前後!出す頻度が多い場合は宅配がおすすめ!

ワイシャツは毎日着替えても、スーツは1シーズンに1度のクリーニングで済ましている人って多いですよね。

スーツは多くの会社員にとってはユニフォームのようなものです。

シーズンごとに着替えるとしても、ワンシーズンに何十着も持っている人はほとんどいないので、クリーニングに出せるチャンスは確かに限られています。

しかし愛着あるスーツを長く着るにはメンテナンスは欠かせません。

ここでは、スーツクリーニングの料金の相場や出す頻度、出し方の注意点などを紹介していきますね。

スーツのクリーニングの相場料金は?

スーツのクリーニングは上下別々に設定されていることがほとんどです。

チェーン店でも店舗や地域によって違う料金設定になっていますが、大体スーツ上下で1000円前後です。

平均的な料金設定

またスーツの素材や加工メニューによっても料金には幅があります。

クリーニングに出す時の目安となるように、オーソドックスなコースの平均的な税抜き料金を紹介します。

通常(ドライ)

ズボン400円スカート400円
上着600円ベスト450円

オプションには、ウエットもしくは水洗い、除菌・抗菌、撥水、折り目加工などのメニューがあります。

ウェット(水洗い)

スーツは特に指定しなければドライで処理をしますが、汗汚れがひどい時にはウエットもしくは水洗いをするとさっぱりします。その場合の平均的な料金はドライの2倍が相場です。税抜き料金を記載しておきますね。

ズボン800円スカート800円
上着1,200円ベスト900円

セット価格がお得な時も

いずれも参考料金です。

上下セット価格を設定しているお店では、ズボンと上着の料金を単純に合計したものより多少安い傾向にありますが、確実な料金は実際に依頼するクリーニング店で確認してください。

宅配クリーニングのリネットなら

種類ジャケットパンツ・スカート
料金950円~660円~
ひとこと現在初回50%OFFキャンペーン実施中。スーツ上下にワイシャツ含め950円依頼可。また東京23区対象地域なら最短即日から翌日受取可!

口コミを見る詳細はこちら

スーツをクリーニングに出す頻度は?

スーツをクリーニングに出す頻度は、着る頻度にも関係していますが、ワンシーズに1着を着続けると仮定した場合、夏場なら月に2回、冬なら3か月位に1回が目安です。

ただし汚れた時には、目安にこだわらずに早めにクリーニングをして、汚れの定着を予防しましょう。

夏場の汗が心配な人は

スーツの下にはワイシャツや下着を着用しているので、直接汗や体の汚れが付く心配はないと思われがちですが、スーツ汗が染みだすケースは少なくありません。

質的に汗をかきやすい人やワキガのある人は、スーツに染みついてしまう前にクリーニングに出すと、臭いや汚れ定着を防止できます。

紫外線にも注意

また営業などで外出する機会の多い仕事の場合、紫外線の影響も多大に受けています。

紫外線は肌だけでなく衣類も日焼けさせます。生地の傷みの原因になるので早めのケアが大切です。

スーツが傷まない頻度は

汗かきの人や外出の機会の多い人は、2週間に1度の頻度でクリーニングをすれば、スーツの傷みを最小限に抑えられます。

冬場は汗汚れはないの?

一方冬物は、10月くらいに衣替えをしてから翌年の5月くらいまで着ますよね。

夏物よりは長い期間着ることになりますが、夏場のように大量の汗をかくことは少ないので、クリーニングの頻度も少なくても傷みの心配はありません。

ほこりや花粉が強敵

ただ外回りの人は紫外線の影響は少なからず受けますし、大気が乾燥するのでスーツがほこりや花粉を吸い込む可能性も多くなります。

花粉症の人は常にスーツのほこりを払う習慣をつけることで症状の緩和はできますが、クリーニングをした方が繊維の奥に潜んでいる花粉の除去ができます。

汗汚れがなくても

また忘年会・新年会・歓迎会など外での飲食の機会が多いのも、冬のスーツを着ている間の特徴です。

汗汚れが少なくても外からの汚れに対応するには、3か月に1度くらいはクリーニングに出すのが適しています。

クリーニングならネット宅配がおすすめ!
今、おすすめはここ!
⇒ 最短2日・返金保証付きのリネット
あれどう洗う?洗濯のお役立ち情報更新中!
⇒ 洗濯からアイロンがけ、保管方法まで解説

スーツをクリーニングに出す時の注意点!正しい出し方は?

ポケットの確認

洗濯をする前にはポケットの中身の確認は必須です。

特にスーツには、隠しポケットやボタン止めされているポケットがあります。

上着やズボンの外側から簡単に触るだけでなく、きちんと手を入れて何も入っていないかチェックしましょう。

クリーニング店でも確認はしてくれますが、基本的には出す側が責任をもって確認することが必要です。

シミ・汚れのチェック

汗汚れだけでなく、飲食によるシミ汚れがついていないかの確認は欠かせません。

スーツは特に指示がなけれはドライクリーニングです。

ただ汚れの種類によっては、水洗いでなければ落ちないものや特殊な染み抜きが必要なものがあるので、入念にチェックをしてクリーニング店に申告をするときれいになります。

カビが発生している場合はこちらを参考に

スーツのカビの落とし方!クリーニングに出す前にしたい応急処置のやり方!

ほつれ・やぶれのチェック

ズボンの裾、上着のボタンにほつれがないか、かぎ裂きなど破れの確認も大切です。

放置したままでクリーニングした場合、ほつれが広がったりボタンが行方不明になることもあるので、発見したらクリーニング店に持ち込む前に繕っておきます。修理のメニューがあるお店なら、能同時に修繕を依頼することも可です。

上下セットで出す

スーツは汚れが気になるパーツだけでなく、必ず上下セットで出すのがポイントです。

洗濯する回数が異なると、生地の風合いに違いが生じるからというのが理由です。

たとえばズボンに泥が跳ねてしまったとしても、上着も一緒にクリーニングするようにしましょう。

スーツをクリーニングに出す時に利用したいオプションは?

ウェットクリーニング

特に指示がなければ、スーツはドライクリーニングをします。

ドライの場合、皮脂などの汚れは落ちやすいですが、汗など水溶性の汚れは落ちにくいという特徴があります。

汗汚れが気になる、雨に濡れた様な場合には、オプションで依頼するとさっぱりきれいになります。

ドライクリーニング後に改めてウェットクリーニングを行うのが一般的で、オプションとして単独で料金を設定しているお店と、高級仕上げなどのメニューでパッケージになっているお店があります。

パッケージの場合ドライ単独の技術料の1.2倍から1.5倍を設定しているお店が多いです。

撥水加工

汚れをはじく効果があります。少しぐらいの雨ならはじいてくれるので、雨の日に着用しても汚れにくくなります。

また水分だけでなく、花粉が繊維の間に入り込むのも予防できるので、花粉症対策としても有効です。オプション料金は500円前後が多いです。

折り目加工

ズボンの折り目を長持ちさせる効果があります。

少しの雨や頻繁に立ち座りを繰り返すと、アイロンでプレスしただけでは折り目は長持ちしません。

折り目がしっかりとついているだけできちんとした印象になるので、必要なオプションのひとつです。料金の相場は1,200円~1,500円です。

宅配クリーニングのリネットならオプション並の加工が無料!

  • リファイン加工
  • 柔らか加工
  • 防菌防臭加工
  • 毛玉取り
  • 毛取り
  • シミ抜き

などが無料。現在初回50%OFFのキャンペーン実施中のため、検討中の方は今始めるのが一番お得。

口コミを見る詳細はこちら

クリーニング後のスーツの保管の仕方

仕上がりのチェック

どんなに信頼をしているクリーニング店でも、仕上がってきたら必ずチェックをしましょう。

ボタンは全部ついているか、割れはないか、ほつれている箇所はないか、依頼したシミはきちんと落ちたかなどをくまなくチェックします。

すぐに着るスーツなら外出時に不備に気が付いたら大変です。

また次のシーズンまで保管する場合、シミが残っていると染み抜きでも落ちにくくなります。

ビニールはすぐに外す

クリーニングから戻ってきたらビニールはすぐに外すことが大切です。

すぐに着ないから、ビニールかけたままクローゼットに保管するのは間違いです。

湿気が残っているとシミやカビの原因になり、クリーニングをした意味がなくなってしまいます。

もうひとつビニールを外した方が良い理由は、ドライクリーニングの溶剤が残っている可能性があるからです。

ドライクリーニングの溶剤は強いので、残存していた場合に皮膚に炎症を起こすことがあります。

直射日光の当たらない、風通しの良い場所に半日程度干しておくとよいでしょう。

ハンガーを変える

クリーニング店で使用しているハンガーは細いものが多いので、ハンガーを変えずに保管すると型崩れの原因になります。

またズボンにも折りジワがついてしまうので、スーツに合ったハンガーにかけ直すと、きれいに保管できます。

 

\スーツの宅配クリーニングはリネットがおすすめ/

口コミを見る詳細はこちら

↑東京23区の方は最短即日または翌日受取も可能!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です