スカートのクリーニングの料金の相場は?出す頻度や出し方の注意点などまとめて解説!

スカートのデザインは多種多様です。自宅の洗濯機で洗えないものもありますし、アイロンがけが大変なものも多いので、クリーニングに出すのが最も手っ取り早いメンテナンス方法です。

しかしデザインの種類が多い分、クリーニング料金も均一ではありません。

オーソドックスなタイトもあれば、フレアーやギャザーがたっぷりと入ったもの、ヒダやプリーツ加工されたものなどがあります。丈においてもミニ、ロング、マキシなど様々なのです。

ここでは、スカートのクリーニング料金相場や出す頻度、出し方の注意点、保管方法などを解説していきます。

スカートのクリーニングの相場料金は?

スカートのクリーニングの平均的な税抜き料金は490円です。

490円は一般的なデザインのスカートの料金で、フレアー、ギャザー、プリーツなどデザインや丈によって変動します。

例えば、プリーツの本数が多くなると料金は高くなる傾向にあります。

スカートに効果的なオプション加工に静電気防止加工があります。

平均的な料金は300円なので、静電気防止加工をプラスすると相場料金は790円となります。

また同じ系列店でも店舗の場所によって料金には幅があるので、参考価格のひとつとして把握しておくとよいいですね。

宅配クリーニングのリネットなら

種類スカート・スーツ(下)プリーツスカート・フレアスカート
料金660円~1,030円~
ひとこと初回50%OFFキャンペーン実施中。スカートは330円~から依頼可能。

口コミを見る詳細はこちら

スカートがブランド物やお気に入りなど失敗したくない、大切に長く使いたい場合には高級クリーニング専門のお店へ依頼することをおすすめします。

詳しくはこちら↓

高級クリーニングのおすすめ9選!ブランド服を出すならここ!

スカートをクリーニングに出す頻度は?

スカートをクリーニングに出す頻度は着る頻度によって変わってきます。

案外汚れている?

汚れていないように見えても、短時間でも着用すれば体の皮脂や汗は付きます。また外気中にあるちりやほこりにさらされるので汚れています。

長期間放置したままにすると、繊維の奥に汚れが染みついて落ちにくい汚れに変化し、通常のクリーニングでは落ちにくくなります。さらに放置すれば雑菌が繁殖しやすい環境となり、臭いが染みつくこともあります。

自宅でも洗えるの?

スカートは頻繁にクリーニングに出すと、生地の劣化につながることは事実です。そのため短時間着ただけならクリーニングに出さなくても大丈夫です。

制服のように週に何度も着るのなら、最低でも月に1回は出した方がきれいな状態を維持できます。泥はねや食事の汚れが付いた時には、自宅で洗えるものについてはすぐに洗いましょう。洗濯機が使えない素材のものは応急処置をした後、速やかにクリーニングに出すことが必要です。

シーズン中に着用頻度が少なくシミや汚れがないことを確認できれば、シーズン終わりに1回のクリーニングでもよいでしょう。

クリーニングならネット宅配がおすすめ!
今、おすすめはここ!
⇒ 最短2日・返金保証付きのリネット
あれどう洗う?洗濯のお役立ち情報更新中!
⇒ 洗濯からアイロンがけ、保管方法まで解説

スカートをクリーニングに出す時の注意点!正しい出し方は?

ほつれなどのチェック

特に丈の長いスカートは、ハイヒールで裾を踏んでしまってほつれが生じることがあります。着用には問題はなくてところどころほつれている場合には、事前に繕っておきます。他にホック、ファスナーもチェックします。

フリルやリボンなどの装飾についても、しっかりとついているかどうかの確認しをしておくことが大切です。

付属品ははずす

ベルト、リボン、ラップスカートについている安全ピンなど取り外せる付属品は外します。付けたままうっかり出してもクリーニング屋さんが外してくれますが、紛失するリスクはゼロではありません。

汚れのチェック

気が付かないうちに汚れがついていることがあります。汚れの原因によっては通常のクリーニングでは落ちないので、染み抜きが必要です。

シミや汚れを確認したら、クリーニングに依頼する時に申告すると、確実にシミや汚れを落とすか相談できます。糸などで印をつけておくと、場所を忘れる心配がありません。

スカートをクリーニングに出す時に利用したいオプションは?

撥水加工

素材によっては利用できない場合もありますが、スカートに撥水加工を施しておくと汚れにくくなります、特にロングスカートは汚れやすいため、撥水加工をすればクリーニングの頻度を減らせます。

水分ははじいても空気は通すので蒸れる不安はありませんし、生地がゴワゴワすることもありません。丈によって加工費にランクを付ているクリーニング店もありますが、平均的な料金は600円です。

静電気防止加工

スカートを履いていて静電気が発生すると、足にまとわりつきます。見た目が悪いだけでなく歩きにくくなるので、静電気防止加工を施しておくと気持ちよく着用できます。

スプレータイプの市販品もありますが、持ち歩くのは面倒ですし継続時間も短いです。クリーニング店の加工も永久的ではありませんが、スプレーを持ち運ぶ手間を考えると便利なオプションです。ほこりや花粉の付着も予防する効果があります。料金の相場は300円からです。

シロセット加工

プリーツスカートの折り目は永久的ではありません。丁寧に履いていても着用期間が長くなると、取れやすくなります。一般的な折り目加工は基本的にズボン専用なので、スカートにはシロセット加工があります。主にウール素材のスカートの折り目の復元に適したオプションです。料金は1,000円が相場です。

クリーニング後のスカートの保管の仕方

戻ってきたらまずは陰干し

スカートの仕上げ方法には、たたみと専用ハンガーがあります。どちらの場合もビニールに包まれているので必ずビニールは外しましょう。

クリーニングから戻ってきた衣類は、湿気を含んでいる場合がありますし、ドライ用の溶剤が残存していることもあります。そのため風通しの良い場所に陰干しすることが大切です。そのまま保管した場合、カビや悪臭か発生するリスクがあります。

検品

付属品や装飾品、ボタン、ファスナーなどが出した時の状態のままであるかを確認します。洗い方によっては、装飾品が割れていたり取れていたりすることがあります。

不備があっても確認しないまま保管をした場合、着用する時になって気が付いて履けないことになります。

型に合ったハンガーに吊るす

スカートを畳んだまま保管するとたたみジワができます。クリーニング店の専用のハンガーもサイズが複数あるわけではないので、持ち帰ったらスカートのサイズや型に合ったものに吊るし替えると、シワができにくくなります。

防虫・防湿をする

スカートは、生地によってシーズンに関係なく着られるものと、ワンシーズン限定のものがあります。ワンシーズン限定のものはシーズンになるまで長期間保管することになるので、防虫剤で虫に喰われないようにし、除湿剤で湿気を予防することで良い状態を維持できます。

またフレアースカートは、狭い空間に保管するとしわができやすいので、できるだけ広い空間を確保して、フレアーに負担がかからないようにすることが保管のポイントですよ。

 

\スカートのクリーニングはリネットにお任せ/

口コミを見る詳細はこちら

あわせて読みたい記事

宅配クリーニングの口コミランキング@40社以上調べた中のおすすめは?