洗濯代行サービスとは?メリット・デメリットや宅配クリーニングとの違いは?

家事代行サービスが注目されています。家事には様々な仕事がありますが、特に注目されているのか洗濯代行サービスです。

洗濯機を持っていれば自宅で、持っていなくてもコインランドリーを利用すれば、汚れた衣類はきれいにできますし、ほとんどが全自動なので煩雑な手間はかからないはずですよね。

それでも洗濯代行サービスが注目されるのは、洗濯物は洗った後の手間がかかるからなんです。家庭用なら、脱水した後は干してたたむは人の手が必要です。コインランドリーでも、たたむという手間は残ります。

代行サービスなら、専用のバッグに汚れものを詰めてお店に依頼するだけで、清潔になった衣類がきれいにたたまれて戻ってきます。しかも法外な料金がかかることもありません。

天候不順、多忙、体調不良などで洗濯物が溜まってしまった時には、洗濯代行サービスがありますよ。

洗濯代行サービスとは?

洗濯代行サービスってなに?

洗濯代行サービスは何をしてくれるのか、簡潔に言ってしまえば溜まった洗濯物を代わりに洗ってくれるサービスです。

マメに洗濯ができる人にはピンと来ないかもしれませんが、汚れものを長い時間放置すると、汚れの定着・カビや臭いの発生などのリスクもあります。洗剤・漂白剤・柔軟剤を使っても、衣類の繊維に染みついて取れないことも少なくありません。

一度着た衣類はあまり時間をおかずに洗うことが大切なんです。洗濯代行サービスは、衣類を清潔に保つためにも、便利な家事サービスと言えます。

洗濯物が溜まる理由

例えば梅雨で雨が続いた時は、部屋干しをして送風機とエアコンを併用するなどして乾かしますよね。でも天日干しをした時とは仕上がりが違っています。なんとなく湿っているし、洗剤以外のにおいがすることもあります。

また仕事が忙しくて深夜の帰宅が続くと、夜中に洗濯機を回すことになります。どんなに音が静かな最新洗濯機でも、深夜の洗濯機の音は響くので近所迷惑になることもあるので注意が必要です。

他にも、花粉症なので天日干しができない、家族が多く洗濯物の量が多い、病人や要介護の家族世話で忙しいなど、洗濯物が溜まってしまう原因はたくさんあります。

人気の理由

洗濯代行サービスがーに人気が集まっている理由は、洗濯からたたみまで丁寧に作業してくれるからです。しかもクリーニングのように1点単位の料金体制ではなく、ほとんどの業者は専用バッグ単位で料金が設定されています。一度に下着、パジャマ、Tシャツ、靴下など日常身に着けることの多い衣類をまとめて依頼できる便利さが受けているようです。

どの層に人気なのか

洗濯代行サービスは比較的新しい業種で、インターネットを中心に紹介されています。ネットサーフィンが抵抗なく使える年代層の利用が多いように思えますが、幅広い年代層に利用方法や便利さが広がっています。

出産後の忙しいお母さん、共働きで平日に家事をする時間が取れない夫婦、単身赴任や一人暮らしの人、子供が洋服を良く汚す、更年期で腕が上がらない、高齢で洗濯ができないなど、利用している年代層も理由もバラエティーに富んでいます。

どうやって依頼するの?

ほとんどの業者が採用しているのが専用のランドリーバッグです。大きさはS・M・L、スモール・レギュラー、大・中・小などがあります。衣類の量は限定されていないので、入れられるだけ詰めることができます。

受付けの方法は、大きく分けると3タイプあります。店頭受付け・店舗車による集配・宅配業者委託です。宅配業者が集配をする場合には、全国どこからでも依頼は可能ですが、送料は洗濯料金に込みのところと別途のところがあります。

リピート率は?

洗濯代行サービスの利用者数は伸びしろがあるというのが現状ですが、自宅に洗濯機を置かないで代行サービスたけで済ますという人も増えています。

まだまだ定期的な利用率は高くはありませんが、1度利用した人のリピート率はあるアンケートによると約8割と言われています。

困った時に利用できる便利なサービスがあることを知っておくと、いざという時に役に立ちますね。

宅配クリーニングとの違いは?

洗濯代行と似たサービスに宅配クリーニングがあります。両方ともクリーニング店が展開していることの多いサービスですが、内容は全く異なります。

洗濯代行は、自宅の洗濯機で行っていることと同じことを代理で行ってくれるサービスです。下着、シャツ、パジャマ、ハンカチ、タオル、Tシャツなど毎日替えるもので水洗いができるものであることが基本です。

宅配クリーニングは、クリーニングに出したい衣類を集荷もしくは集配するサービスです。通常はクリーニングは水洗いせず、石油系の溶剤を使用して衣類をきれいにし、アイロンやプレスをして仕上げます。水に弱いウール・シルク・革制の衣類や、あまり着る機会のない高級品、季節ものなどを依頼しますよね。

衣替え時などはクリーニングが必要な衣類が大量に出ますが、店頭まで持っていくのが難しい時には宅配クリーニングは重宝します。さらにほとんどの業者では、必要になる時まで預かってくれるサービスを併設しています。

洗濯代行サービスのメリット・デメリット

デメリット

・納期平均は2日から3日なので急ぐ人には不向き
・宅配業者を利用すると、宅配ボックスがない場合には在宅している必要がある
・費用がかかる
・アイロン仕上げがない
・専用バッグにたくさん詰めないとコスパが悪い
・水洗いできないものは利用できない

メリット

・雨が続いても、溜まった洗濯ものをきれいにできる
・干す・たたむという手間が省ける
・専用のバッグに詰め込んで送ったら後は待つだけ
・下着からシーツまで洗ってもらえる
・体調が悪くても玄関口で集荷・受け取りができるので安心
・忙しくて洗濯をする暇がなくても、洗濯物が溜まらない
・1週間分の洗濯物も1回の依頼できれいになる
・抗菌・抗アレルゲンの効果が得られる

まとめると

洗濯ができない状況にある場合にはとても便利なサービスです。特に干す・たたむという手間が省ける点が評価されています。

家族が多く洗濯物が多いほど、干す・たたむという作業がストレスになっていることがあります。多少日数はかかっても洗濯にかかる時間や取り込んだ後の手間を考えると便利なサービスです。

また定期的に利用しなくても、洗えない状況に陥った時にスポット的に利用できるという点は大きなメリットでしょう。

主要な3社からみる洗濯代行サービスの料金相場は?

洗濯代行サービスの料金は、各社が提供する専用のランドリーバッグのサイズで設定されています。バッグのサイズは統一されていませんが、スモールサイズとレギュラーサイズ、またはレギュラーサイズとラージサイズという2種類が多いです。

また持ち込み・自社便による集荷・宅配便の利用によっても価格を分けています。

衣類4kg前後・Tシャツ換算で約30枚入るバッグの場合

店頭持ち込み税別1,600円
集荷・集配を依頼税別2,200円
宅配便送料別

衣類7kg前後・Tシャツ換算で約60枚入るバッグの場合

店頭持ち込み税別2,800円
集荷・集配を依頼税別3,000円
宅配便送料別

ウォッシュアンドフォールド

ウォッシュアンドフォールドでは、専用のランドリーバッグ単位で洗濯をしているので、他のバッグの衣類が混入したり、依頼品が迷子になる心配がありません。

洗濯・乾燥後には、スタッフが1枚ずつ丁寧にたたんで、ビニールでパッキングして納品しています。

店頭持ち込みのほかにも、店舗周辺であれば集荷・集配を行っています。また店舗から遠い地域は、宅配業者による集配・集荷になります。

納期は最短で2日なので、自宅で洗うことを考えても対応は早いです。

ポストウォッシュ

山梨県甲府市に5店舗が営業していて、スタッフ全員が女性です。依頼されたバッグ単位で洗濯をしているので、衛生面や衣類の混入などのリスクがありません。

ポストウォッシュでは使用している洗剤に特徴があります。陽イオン界面活性剤が配合されているため、オプションで抗菌加工をしなくても抗菌効果が得やすいのです。

乾燥も高温で行っているため、アレルゲンやダニの除去効果があります。もちろん、洗濯ものは1枚ずつ丁寧にたたんで仕上げています。

デリウォッシュ

デリウォッシュでは、受け付けバッグ単位で洗濯・乾燥をしているので、他のバッグの衣類と混在する心配はありません。また洗濯・乾燥の前後にアルコール除菌を実施しているので、衛生面でも安心です。

下着やデリケートな衣類は専用のネットに入れたまま洗濯・乾燥をしていて納品までファスナーを開けることはありません。専用ネットの衣類はたたみはできませんが、プライバシーは守られています。

その他の洗濯ものについては、洗濯・乾燥をした後に1枚ずつ丁寧にたたんで、ビニール袋に収納し軽く圧縮した後、ランドリーバッグにいれて納品しています。