マフラーのクリーニングの料金の相場は?出す頻度や出し方の注意点などまとめて解説!

マフラーは直接首に巻きますし、口元に当たるので汚れやすいアイテムのひとつです。

特に女性は化粧品が付きやすいので注意が必要です。マスクをしていても汚れ方に大きな違いはありません。

また電車などでは他の人に接触する機会も多いので、知らないうちに汚れていたり風邪の菌が付着する可能性もあります。汚れたまま使うのは気持ちが悪いですし、汚れの定着につながります。

高級素材品なら速やかにクリーニングに出したいものです。でもクリーニングに出せば費用がかかりますし、頻繁に出すと生地の劣化につながります。

マフラーのクリーニングの料金相場や最適な頻度・注意点などの情報をまとめました。お気に入りのマフラーのための参考にしてくださいね。

マフラーをクリーニングの相場料金は?

 

サイズによってアイテムが違ってくる?

マフラーは防寒用として利用することが多いですが、似たようなアイテムにショールやストールがあります。

お店によって規定が異なっています。お店ごとに規定を設けていますが、おおむね短い辺が40cmより短く、長い辺が150cmより短いと指定しているお店が多いです。

素材によって金額が変わる?

マフラーのクリーニング料金の相場は580円です。

相場の料金はお店や店舗のある値域によって幅があります。さらに、カシミア100%などの高級品は10倍くらいの料金設定のところが多いです。580円は参考料金として知っておくといいですね。

高級ブランドや素材がお高いマフラーなどはトラブルを防ぐためにも高級クリーニング店へ出すことをおすすめします。

消臭加工はぜひプラスしよう

マフラーにつけておきたいオプション加工のひとつに消臭加工があります。消臭加工は相場が300円なので、プラスしてクリーニングするとオプションを付けた料金の相場は880円です。

会員限定料金などのサービスが利用できる場合には、もう少し安く利用できますよ。

宅配クリーニングのリネットなら

種類マフラーストール/ショール
料金700円~1,030円~
ひとこと初回50%OFF!マフラー350円から!往復送料・毛玉取り・シミ抜き無料!

口コミを見る詳細はこちら

マフラーをクリーニングに出す頻度は?

化粧品などの汚れがなく嫌な臭いがついていなければ、シーズンの最後に1回クリーニングをするだけで問題はありません。ただし、たばこや食品の臭いが気になったりファンデーションがついてしまったら、できるだけ早く落とす必要があります。

自宅で洗えないこともありませんが、ウール素材は水に弱いので縮むリスクが大きいです。クリーニングに出した方が安心して汚れを落とせます。

マメに洗えば清潔に使えるからといっても、神経質になって週に1回ぐらいの頻度でクリーニングに出すのは、マフラーの生地に負担がかかるため控えた方が良いでしょう。

マフラーは基本的にシーズン最後に1回、汚れたらその都度、臭いが気になる場合は月に1回程度の頻度にするとよいでしょう。

クリーニングならネット宅配がおすすめ!
今、おすすめはここ!
⇒ 最短2日・返金保証付きのリネット
あれどう洗う?洗濯のお役立ち情報更新中!
⇒ 洗濯からアイロンがけ、保管方法まで解説

マフラーをクリーニングに出す時の注意点!正しい出し方は?

素材の確認

マフラーは基本的には防寒具です。フリースのような安価なものからカシミアのような高級素材に至るまで、首元に巻いて暖かくなるいろいろな素材で作られています。

クリーニングに出す時の注意点は、素材の種類を確認することです。
カシミアやアルパカなどのウール系の素材
シルクや麻などの天然素材
などは水に弱いという特徴があるので、ドライクリーニングが一般的です。

料金もカシミア100%と10%のマフラーとで区別しているクリーニング店もあります。

またタグが邪魔になるからと切り取ってしまう人がいますが、素材が分からないとクリーニングを受け付けてもらえないこともあるので注意しましょう。

汚れの種類と箇所の確認

汚れが気になってクリーニングに依頼する場合、どこにどんな汚れがついているのかの確認も必要です。ドライクリーニングは油脂系の汚れを落とす効果がありますが、汗汚れや泥はねなどの水溶性の汚れは水洗いが必要です。

またたばこや焼き魚などの臭いの除去には防臭加工が必要になります。気になる点をはっきり把握しておけば、満足できる仕上がりになります。

付属品の確認

マフラーにはフリンジ・スタッズ・ビーズなどの装飾を施したものもあります。取れかかっているものがあれば繕っておきます。

また取り外しが可能なものは取り外してから依頼します。クリーニングの途中で取れて行方不明になるのを防止できます。

マフラーをクリーニングに出す時に利用したいオプションは?

ウェットクリーニング

マフラーはドライクリーニングが基本ですが、水溶性の汚れはドライ溶剤だけでは落とせません。

例えば雪や雨に濡れた時には水洗いが必要です。ウェットクリーニングは家庭の洗濯機で洗うような水洗いとは異なる、水に弱い素材専用の特殊な技術です。

素材が縮んだり伸びたりすることはありませんし、退色のリスクも最小限です。フンワリ感も蘇るのでオプションに加えると良いでしょう。料金の相場は400円~です。

消臭加工

マフラーは臭いを吸収しやすいアイテムです。特に臭いが気になる場合のオプションとして適しています。

消臭効果の高い特殊な洗剤で洗うことで、繊維の奥に染み込んだ臭いもとから除去する効果があります。

料金の相場は300円~となっています。

防虫加工

ウールやカシミヤなど高級素材品は防虫剤を入れて保管しても虫喰いのリスクがあります。防虫加工をしておけば、虫喰いのリスクを最小限にできます。料金の相場は300円~です。

クリーニング後のマフラーの保管の仕方

ビニール袋から出す

汚れ防止のために入れてあるビニールからは必ず出しましょう。自宅に持ち帰ったら、風通しの良い場所に陰干しをして風を通しておくと、ビニールに入っていたことでこもっていた湿気を飛ばせます。

もうひとつドライクリーニングの溶剤が稀に残っていることがあるので、干すことでマフラーを首に巻いた時に皮膚炎を起こすリスクを回避できます。

たたまない

マフラーはたたんで保管するとたたみじわができます。予防するにはタオルを芯にしてくくると巻いておくと場所も取らずにきれいな状態で保管できます。

衣装ケースに入れてもいいですし、クローゼットの棚に置いておけます。ハンガーに吊るしたい場合にはかける部分にタオルを巻いて厚くしておくとよいでしょう。

クローゼットには除湿剤と防虫剤、衣装ケースなら防虫剤と乾燥剤を入れておくと、きれいな状態で保管できます。

\マフラークリーニングはリネットにお任せ/

口コミを見る詳細はこちら

宅配クリーニング業者を厳選3社比較!
検討している方必見!
⇒ 宅配クリーニングの口コミランキング@40社以上調べた中のおすすめは?
今、おすすめはここ!
⇒ 最短2日・返金保証付きのリネット
あれどう洗う?洗濯のお役立ち情報更新中!
⇒ 洗濯からアイロンがけ、保管方法まで解説