じゅうたんのクリーニングの料金の相場は?出す頻度や出し方の注意点などまとめて解説!

じゅうたんは直に足に触れますし、食べこぼしやペットの毛で汚れています。掃除機をかけても繊維の奥の汚れを完璧に取り除くことは難しいですし、コーヒーや食べ物をこぼした後がシミになっていることもあります。

小さなものなら自宅で洗うことも可能ですが、サイズや素材によって洗えない製品も多いです。汚れたまま長期間放置すれば悪臭や雑菌の繁殖の心配もありますよね。

できるだけ清潔な環境で生活をするためには、定期的にクリーニングに出したいものです。クリーニングに出す頻度、料金、ポイントなどについて紹介しています。自宅のじゅうたんのお手入れの参考にしてくださいね。

じゅうたんをクリーニングの相場料金は?

じゅうたんは素材によってランクがあります。クリーニングの料金はサイズによって設定されていますが、アクリルポリエステルなど流通量の多い製品を基準にしていることが多いです。緞通とよばれる高級品に関しては、別料金になることがあります。

一般的なじゅうたんの場合

2帖タイプ以下2,100円
2帖から3帖3,400円
3帖以上5,700円

高級じゅうたんの場合

1帖あたり3,500円

防ダニ加工があると安心

さらにきれいにしてもらうには、オプションで防ダニ加工をつけると良いでしょう。

日本の一般の家庭では、絨毯の上に土足で上がることはほとんどなく、赤ちゃんやペットが寝転んだりしますよね。防ダニ加工をしておけば、ダニの繁殖を抑制できます。

相場料金は、1平方メートルあたり500円です。

じゅうたんをクリーニングに出す頻度は?

じゅうたんのクリーニングは、多い人で年に2回、一般的な頻度は年に1回という人が多いです。

1年中ダニには要注意

ただ梅雨の時期や夏場の湿度の高い時期は、汚れが付いたままにしているとダニの温床になりやすいです。最近は暖房器具の進化によって冬でも室温が暖かいため、冬でもダニは増殖しやすい環境にあります。

自宅でメンテナンスができる洗剤などもありますが、繊維の奥まですっきりさせるにはクリーニング店に任せるのが適切です。食べ物をこぼすなどアクシデントによって汚れた場合には、早めに出すことが大切です。

季節ごとに出すのがベスト

日常生活における汚れやほこりの場合、推奨される頻度は季節ごとに1回です。少し大変ですが年に4回くらいクリーニングするように心がけると、じゅうたんにも負担がかかりすぎることがなく、良い状態を維持できます。

クリーニングならネット宅配がおすすめ!
今、おすすめはここ!
⇒ 最短2日・返金保証付きのリネット
あれどう洗う?洗濯のお役立ち情報更新中!
⇒ 洗濯からアイロンがけ、保管方法まで解説

じゅうたんをクリーニングに出す時の注意点!正しい出し方は?

素材の確認

じゅうたんの素材は幅広いです。量販店で手軽に購入できるものから、緞通とよばれて区別される超高級品もあります。ランクによってクリーニングの取り扱いが異なるため、料金にも幅があります。

タグが付いている場合

記載されている内容を確認してから依頼します。

タグがついていない場合

購入時の製品説明書を確認するか、購入したお店に問い合わせをして手入れの方法を確認すると良いでしょう。

正しい方法でメンテナンスをすれば、長い間ベストの状態を維持できます。

持ち込む手段がない

クリーニングは店舗に持ち込むのが一般的ですが、じゅうたんはサイズによっては大きさも重さもあります。

自分で持ち込む手段がないから、クリーニングできないとあきらめることはありません。汚れたまま使い続けると、アレルギーや喘息の原因になることもありますし、じゅうたんの寿命も短くなります。

集荷・配送サービスを実施しているお店もありますし、宅配便を利用して依頼できるお店もあります。宅配サービスは居住地域に関係なく利用できるため、最近注目されている新しいクリーニングのサービスです。

汚れのチェック

どの部分にどのようなシミや汚れがついているのかチェックしておきましょう。汚した覚えがないのに、シミが見つかることがあります。シミの原因が分かる場合には、お店に告げておくと適切に染み抜きをしてくれます。

ほつれていないかチェック

じゅうたんはよほどのことがない限り、ほつれることはありませんが、ペットがかじったり掘ったりするとほつれます。また子供のおもちゃが引っかかって傷になることもあります。

そのままクリーニングに出すと、ほつれた箇所がひどくなることもあります。メンテナンスも行ってお店があるので、ついでに直してもらうと良いでしょう。

じゅうたんをクリーニングに出す時に利用したいオプションは?

じゅうたんのクリーニング用のオプションとして設定されていることが多いのは、防ダニ加工です。

購入時に防ダニ・抗菌加工がされているじゅうたんが増えていますが、永久的に効果が続くものではありません。

汚れが目立ってクリーニングに出す場合には、加えて防ダニ加工をしてもらうと安心です。殺虫剤のような特性の強い薬を使用するものではなく、ダニが嫌いな天然の忌避剤などを使用しているので、安全性は確認されています。赤ちゃんがハイハイをしたりペットが寝転んでも大丈夫です。

相場料金は1平方メートルあたり500円です。

クリーニング後のじゅうたんの保管の仕方

梱包はすぐに開梱する

じゅうたんはクリーニング後には、サイズによって畳みもしくはロール状にしてビニールで保護してあります。自宅に戻った後は、できるだめ早くビニールを外すことが大切です。

クリーニング店では、洗浄した後に乾燥の工程を経ていますが、繊維の奥まで完璧に乾燥しきれていないことが多く、多少の湿気が残っています。いつまでも梱包したままだと、臭いやカビの原因になります。

すぐに使用しない場合でも、とにかくビニールは外して天日干しをするか、風通しの良い場所に1日か2日干しておくとしっかり乾きます。

防虫剤と乾燥剤を使う

すぐに使わない時には、ビニールを外して完璧に乾燥させてから保管します。

小さいものでもロール状にしておくと、たたみジワが付かないです。ロール状にしたら緩めにひもなどで縛って立てかけておけばいいのですが、不織布などでできた風通しの良い袋か布をかけておくとほこりよけになります。その際に防虫剤と乾燥剤を入れておけば、ダニやカビの予防になります。

保管する場所がない

季節ごとにじゅうたんを敷き替えているような場合、クリーニングに出したじゅうたんは当分必要ないことになります。サイズによっては場所をとるので、保管場所に困ることがあります。

クリーニングを依頼する時には、保管サービスを実施しているお店を選ぶと、次のシーズンまで預かってもらうことができます。

無料と有料があり、利用できる期間も半年から1年と店舗によって異なります。

宅配クリーニング業者を厳選3社比較!
検討している方必見!
⇒ 宅配クリーニングの口コミランキング@40社以上調べた中のおすすめは?
今、おすすめはここ!
⇒ 最短2日・返金保証付きのリネット
あれどう洗う?洗濯のお役立ち情報更新中!
⇒ 洗濯からアイロンがけ、保管方法まで解説