ワンピースのクリーニングの料金の相場は?安いのここ!出す頻度や出し方の注意点などまとめて解説!

ワンピースは素材やデザインによってTPOを考えた着方が必要です。

自宅の洗濯機で気軽に洗えるものはいいとして、少し改まった場で着るものは、クリーニング店に依頼してきれいな状態を維持したいですよね。

とは言っても、あまり汚れていないのに1回着ただけで洗いに出すのは不経済な気もします。

ここでは

  • ワンピースのクリーニング料金相場
  • どのくらいの頻度で出せばいいのか
  • メンテナンスにはどのような点に注意が必要なのか
  • 不備なく保管するにはどうしたらいいのか

などの知っておきたい情報をまとめています。お気に入りのワンピースのために役立ててください。

ワンピースをクリーニングの相場料金は?

ワンピースをクリーニングに出した時の相場料金は840円~です。

840円はあくまでも相場の料金で、オーソドックスなデザインの普段着用ワンピースに限られます。

普段着用はデザインが豊富

ワンピースには多くのデザインがありますよね。スカートの部分だけでもタイト、フレアー、ギャザー、プリーツなどがあります。

さらにスカート部分の丈を見ても、ひざ上からくるぶしまであるマキシ丈まであります。フレアーも4枚はぎ、8枚はぎ、サーキュラートなど様々です。

パーティー用や喪服は例外

普段着でないワンピースとしてパーティー用と喪服がありますが、ワンピースとは別料金になります。

パーティー用は、高級な素材を使用している、スパンコールなどの華美な装飾があるなどが判断材料です。

料金の相場は一般のワンピースの料金の1.5倍から2倍です。またパーティー用の取り扱いをしていないお店もあります。依頼する前に問い合わせておくと安心ですね。

静電気防止加工はおすすめ

ワンピースのクリーニングにつけておくとよいオプションに静電気加工があります。静電気加工をプラスしたときの料金の相場は1,140円です。

スカート部分が足にまとわりつくのを予防できるので、歩くときの不快感を解消できます。効果は永久的ではありませんが、利用料金の相場も300円程度なので加工しておくと便利です。

店舗で確認しよう

料金はあくまでも相場です。

実際の費用はワンピースの状態や店舗の場所など、様々な条件によって上下します。

確実な料金は実際に依頼するクリーニング店で確認してください。

宅配クリーニングのリネットが安い!

種類ワンピースロンパース
料金1,230円2,050円
ひとこと初回50%OFF。ワンピースが615円から依頼可能!往復送料・毛玉取り・シミ抜きなど無料。

口コミを見る詳細はこちら

 

ブランド物や大切なワンピースの場合、街のクリーニング店などに依頼せず、専門の高級クリーニング店へ依頼することをおすすめします。

詳細はこちらの記事を参考にしてください。

高級クリーニングのおすすめ9選!ブランド服を出すならここ!

ワンピースをクリーニングに出す頻度は?

ワンピースは着回しのアレンジが限られることから、週に何度も着ることは少ないです。

多くても週に1回、平均すると月に1回、デザインによってはワンシーズンに1回ということもあります。

案外汚れている?

1回着ただけでは汚れていないのに、クリーニングに出すのは費用がかかって大変だし面倒だなぁと思っていませんか。

に1回でも月に1回でも、素肌に近い状態で着るので汗や皮脂による汚れは付いています。

例えば、夏場なら1回着るごとに出した方が良いです。汗汚れは目に見えませんが、繊維の奥に染み込むとニオイの素になります。普段から体臭やワキ汗が気になる人は必ずクリーニングに出した方が良いでしょう。

素材の確認は必ずしよう

麻、シルクなど天然素材は水に弱いので、自宅の洗濯機で洗った場合に縮んで型が崩れるリスクがあります。費用はかかってもプロに任せた方が安全です。

冬でも汗や皮脂汚れはありますが夏場ほどではないので、2回から3回着た後もしくは1か月に1回の頻度でクリーニングに出すのが目安です。

冠婚葬祭用はどうしたらいい?

汚れに関係なく1度着たら必ずクリーニングに出した方が良いのが冠婚葬祭用のワンピースです。喪服はお線香のにおいを吸収しているので、早めに除去した方が良いです。

披露宴で着たワンピースも短時間しか着ていなくても立て続けに着ることはないので、クリーニングをして次の機会に備えておましょう。

クリーニングならネット宅配がおすすめ!
今、おすすめはここ!
⇒ 最短2日・返金保証付きのリネット
あれどう洗う?洗濯のお役立ち情報更新中!
⇒ 洗濯からアイロンがけ、保管方法まで解説

ワンピースをクリーニングに出す時の注意点!正しい出し方は?

素材の確認

クリーニング店では、料金一覧にワンピースと記載されていても素材によって料金が違ってきます。

日常用ならばほぼ均一料金ですが、シルクなどの高級素材のもの、パーティー用、冠婚葬祭用などは、別枠の料金設定になっていることが多いので注意が必要です。

スカート部分の丈が長いものについては、高級素材でなくてもドレス扱いになることもあります。

装飾品の有無

リボン、ベルト、飾りボタン、コサージュなど外せるものは外してから出します。

外せる付属品がついたままだと、追加料金が発生することがあります。スパンコール、ビーズ、レースなどの装飾が多いワンピースも追加料金になることがあります。

汚れの確認

どこにどのような汚れがついているのかを確認しないままクリーニングに出した場合、戻ってきて汚れが落ちていないという不満が残ります。

汗じみ、泥はねなど水溶性の汚れはドライクリーニングでは落とせないので、ウェットクリーニングの必要があります。

ファンデーションなどの油脂系の汚れはドライ溶剤でないと落ちません。

ワンピース汚れ具合によっては2種類の洗い方が必要になるので、依頼する時に受け付け時に申告しておくと良いでしょう。

ワンピースをクリーニングに出す時に利用したいオプションは?

静電気防止加工

スカートの部分はストッキングと反応して静電気が発生しやすいですが、見た目が悪いですし歩きにくくなります。

静電気防止加工を施しておけば、足にまとわりつくことなく着用できます。

市販品にスプレータイプの防止剤がありますが、つけ方が下手だと効果を感じにくく継続時間も短いです。

クリーニング店で施す加工も永久的に続くものではありませんが、効果的は実感しやすいです。

料金の相場は300円~です。

汗取り加工

汗をたくさん吸った衣類を清潔にします。ウエットクリーニングよりも汗に特化した加工で、繊維への負担を最小限に抑えつつ、汗で汚れた素材を新品に近い状態にまで近づけることができます。

シーズン終わりだけでなく、特に汗をかいた時に利用すると良いでしょう。

平均的な料金は300円です。

撥水加工

防水加工とは異なります。繊維の1本ごとにコーティングをして水分の吸収を防ぐ加工です。

空気は遮断しないので、夏のワンピースを加工しても蒸れて不快になることはありません。

また繊維にハリが出るので、着用頻度の高いワンピースのシルエットをよみがえらせる効果もあります。

クリーニング後のワンピースの保管の仕方

ビニールカバーは外す

ワンピースはたたみ仕上げよりハンガー仕上げが多いでが、デラックス仕上げでもない限りカバーはビニールです。

自宅に戻ったら、ビニールカバーは外して外気に当てることが必要です。

クリーニングをして埃よけのビニールをかけてもらったのにとは思いますが、完璧に乾燥していないことがあります。湿気が残っていると、嫌なにおいがついたりカビが生えたりします。

空気にあてれば繊維の奥までしっかりと乾くので予防できますよ。

サイズに合ったハンガーに替える

ワンピースの肩幅は、サイズやデザインによって異なります。クリーニング店では、いちいち型に合ったハンガーを使用することはありません。

自宅で保管する時には、肩幅に合った厚みのあるものに吊るしておくと、型崩れやしわができにくくなります。

衣替えで長期間着ないなら衣装ケースにたたんでしまう方法もありますが、その場合にはスペースを多く取って、ゆったりとしまうことでたたみジワを予防できます。

防虫・防カビ対策

衣類の保管には防虫・防カビ対策が欠かせません。防虫剤を使用すれば虫喰いのリスクを最小限できます。防カビ対策には除湿剤や乾燥剤を使用するとよいでしょう。

いずれもクローゼット用と衣装ケース用があるので、使用に合ったタイプを使うことが大切です。衣装ケースには、衣類の上に置くと効果的です。

\ワンピースクリーニングはリネットにお任せ/

口コミを見る詳細はこちら

 

あわせて読みたい記事

宅配クリーニングの口コミランキング@40社以上調べた中のおすすめは?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です