【失敗しない】モンクレールのダウンをクリーニングに出す方法!おすすめはここ!

モンクレール、カナダグース、タトラスなどの高級ブランドダウンは、日ごろのお手入れ以外にもシーズンオフにはクリーニングに出したいところですね。

しかし普段利用している街のクリーニング屋では、拒否されたり、失敗することも多々あります。

実際にシミ、汚れが酷くなったり、ダウン性能の低下、生地がガサガサに…などの失敗談をよくみかけます…泣

モンクレールやカナダグースなど高級ブランドのダウンは実績や専門的にクリーニングを行うお店へ依頼しましょう。

今回は

  • モンクレールに最適なクリーニング方法
  • お店が拒否する理由や失敗事例
  • モンクレールダウンにおすすめの高級クリーニング店
  • 失敗しないお店選びのポイント

などを紹介していきます。

モンクレールやカナダグースの高級ブランドのダウンクリーニングに絶対失敗したくない人は必見ですよ!

 

モンクレールのダウンはクリーニング方法がキモ!

 

モンクレールは、フランスでは老舗のダウンブランドです。

最高級のホワイトグースの羽毛のみを使用しているのが特徴です。汚れてしまったときやシーズン終わりのメンテナンスにはクリーニングが最適です。

クリーニングの洗い方にはウエットとドライの2種類のコースがありますが、一般に、モンクレールのようなブランドダウンは、ウェットクリーニングが最適です。

ウェットクリーニングがベストな理由!

ウェットクリーニングは、文字通り水洗いによって汚れを除去する方法です。

羽毛は水鳥の羽なので、水に強いという特性を持っています。

ダウンの温かさや保湿は羽毛に含まれる油分によって保たれるため、ドライクリーニングをすると、羽毛の油分が失われ、保温力の低下や痛みの原因になります。

自宅の洗濯機では難しい水洗いがクリーニング店でできるのは、プロのテクニックと店舗独自の、水、洗剤、洗い方、乾燥方法があるからです。

また、汗の成分である、ミネラルや尿素はウエットクリーニングでなければ取り除くことができないという、理由もあります。

ブランドダウンを取り扱っているクリーニング店では、一様にウエットコースを推奨しています。

 

ただしドライクリーニングがOKなケースがある

ブランドダウンを取り扱っているクリーニング店の中には、ドライコースを採用しているところがあります。

失敗なくドライクリーニングができる秘訣は、溶剤の管理にあります。

溶剤管理とは

 

ドライクリーニングは、油に専用の洗剤を溶かしこんだ特殊な溶剤を使って汚れを落とします。

通常は、溶剤はその都度、新しくすることはなく、ろ過をしながら使い続けています。

皮脂などの汚れ落ちが良いのが特徴で、水溶性の汚れもある程度は落ちるので、水に弱い衣類はたいていドライコースが選ばれます。

ただ、油と洗剤の割合によっては、生地や衣類を傷めるリスクが高くなります。

洗剤の濃度が濃ければ、汚れはよく落ちますが、ダウンの特徴である油分まで洗い流されてしまいますし、洗剤の濃度が薄すぎても、汚れ尾が悪くなります。

溶剤管理をして、適した濃度を保つことが重要です。理想的な濃度は、0.4~0.7です。

適切な溶剤管理ができる知識と経験が豊富なクリーニング店を選べば、モンクレールのようなブラントダウンでもドライコースで洗えます。

 

 

 

モンクレールダウンをクリーニング拒否するお店がある!その理由は?

 

いつも依頼している近所のクリーニング店にモンクレールのダウンを持ち込んだら、拒否された、という話を聞くことがあります。

ダウンをベストな状態を維持したまま汚れを落とすには、製品に対する知識と技術が求められます。

特に、モンクレールのダウンには、最高級のホワイトグースの羽毛が使用されていて、高品質・高額な商品が多いです。

安易に引き受けて、外側の色落ち・色抜け、ダウンの飛び出し、つぶれなどの不具合があった場合、お店の信用問題になりますし、高額なダウンを台無しにしてしまう可能性がある、というのが理由です。

 

モンクレールダウンのクリーニング失敗事例…

 

《ダウンをクリーニングに出したら、ふわふわ感が消えてしまった…》

という失敗例があります。一般的にダウンは水洗いが基本です。

経験のないクリーニング店では、外側の品質維持を気にして、ドライを選択することがあります。

溶液が濃すぎた場合、ダウンに含まれる油まで洗い流されてしまい、ふんわり感が失われる結果になります。

《なじみのクリーニング店に依頼したら、外側の生地がゴワゴワになった…》

この場合、なじみのクリーニング店が、高級ダウンの取り扱いをしてるか、の確認が必要です。

クリーニング店は、どこでも同じではありません。お店によって、独自の溶剤や洗い方があります。

モンクレールダウンには、最高級のグースが使われています。

高級素材の取り扱いに慣れているお店か、公式サイトで推奨しているお店に依頼すれば失敗はありません。

 

モンクレールダウンOK!高級クリーニング7店はここ!比較一覧

 

リナビス

料金:1560円(税別)(5点パック7800円から均等割りにした料金)
送料:無料
その他手数料:なし
クリーニング方法:ドライ(衣類を見て判断)
納期:10日後

リナビスの詳細・口コミはこちら

リネット

料金:基本2580円(税別)、デラックス仕上げ込み4350円(税別)
送料:地域による・通常会員は10000円以上の依頼で無料
その他手数料:代引き324円
クリーニング方法:ドライ
納期:最短7日後

リネットの詳細・口コミはこちら

キレイナ

料金:7000円 (税別)
送料:実費
その他手数料:代引き324円
クリーニング方法:ウェット
納期:約2週間

キレイナの詳細・口コミはこちら

プラスキューブ

料金:2500円(税別)(5点パック12500円から均等割りにした料金)
送料:無料
その他手数料:代引き324円~
クリーニング方法:ウェット
納期:約2週間

プラスキューブの詳細・口コミはこちら

ピュアクリーニング

料金:2000円~(税別)
送料:全国一律1000円
その他手数料:代引き324円~
クリーニング方法:ドライ
納期:7日~14日

ピュアクリーニングの詳細・口コミはこちら

クレアン

料金:8000円(税別)
送料:実費(12000以上の注文で往復無料)
その他手数料:代引き324円~
クリーニング方法:ウェット
納期:約2週間

カラキヤ

料金:ジャケットタイプ4000円(税別) 、コートタイプ5200円(税別)
送料:東京の場合・往復3154円(地域による)
その他手数料:代引き324円
クリーニング方法:ウェット
納期:参考・一般のスーツで10日

ちなみに身近な白洋舎やホワイト急便だと…

白洋舎

料金:2750円~(税別)
送料:実費
その他手数料:ー
クリーニング方法:ドライ
納期:ー

ホワイト急便

料金:1400円~(税別)(店舗による)
送料:実費(利用料金3000以上で往復無料)
その他手数料:ー
クリーニング方法:ドライ
納期:店舗による

 

失敗しないモンクレールダウンのクリーニング店選びのポイント!

 

ウェットクリーニングか

ドライクリーニングの場合、溶剤の管理がしっかりできていないと、中に入っているダウンの油分まで除去され、ダウンの保温力が低下します。

見た目にも、ふんわり感がなくなります。ウエットクリーニングは、水溶性の汚れ落としに適しています。ダウンに染み込んだ汗などの汚れが落ちやすいです。

実績は豊富か

モンクレールダウンは高級品です。ブランドダウンの経験がない、もしくはダウンクリーンぐ実績が少ない店舗では、適切なメンテナンスが難しいです。

ダウンのふんわり感が失われて、ぺしゃんこになったり、外側が色むらを起こしたりするリスクがあります。依頼前に、ブランドダウンの実績の有無の確認をしましょう。

料金は適切か

料金はできれば安いに越したことはありませんが、ダウンをベストの状態に仕上げるには手間がかかります。

特にモンクレールのようなブランドダウンは、繊細な仕事が必要となるため、料金は高めになります。

あまりにも安すぎる場合には、口コミなどから、満足できる仕上げができるのか、確認をした方が安心です。

 

後悔しないモンクレールダウンのおすすめクリーニング店3社はここ!

キレイナ

 

キレイナの技術者は、高価な特殊衣装のクリーニングの経験者で構成されています。

他店で断られた、ノンタグの海外ブランド品や、モンクレールなどのブランドダウンなどのクリーニングを得意としています。

たとえはダウンジャケットのクリーニングは7000円ですが、袖口の擦れや表面の色むらには、別料金にて補修もしてくれます。豊富な知識、確かな技術、積み上げた実績があるので、安心して任せられます。

口コミを見る詳細はこちら

プラスキューブ

 

パック料金による宅配クリーニング店です。モンクレールのような高級ブランドダウンも別料金なしで依頼できます。

例えば、5点パックは税別12500円なので、1点あたり2500円できれいにしてもらえます。

さらに、通常の衣類は、ドライコースですが、ブランドダウンはウエットクリーニングで対応しています。実績も多数あります。

口コミを見る詳細はこちら

リネット

 

宅配クリーニング店ですが、モンクレールのようなブランドダウンのクリーニングの実績も多くあります。

ただ、補修のスキルはないので、長年の着用による袖口や襟もと劣化の修理はしていません。

ダウンジャケットの基本料金はドライコースで2850円ですが、ブランドダウンは、1500円プラスしてデラックス仕上げの方が、ボリュームの復活に効果的です。

口コミを見る詳細はこちら

まとめ

最近は自宅でメンテナンスかできるダウンジャケットがありますが、モンクレールのようなブランドダウンは、実績と技術のあるプロに任せた方が安心ですし、確実にきれいになります。

少なくともシーズンオフ毎に正しいメンテナスを行えば、トップコンディションを保ったまま、長く着ることができます。

あわせて読みたい記事

ユニクロウルトラライトダウンの洗濯はどうやるの?傷めない洗い方!
ダウンのクリーニングの料金の相場は?出す頻度や出し方の注意点などまとめて解説!