ダウンジャケットの洗濯からアイロンがけ、保管の方法を徹底解説!

ダウンジャケットは軽量で温かいのが特徴です。出始めのころに比べるととてもリーズナブルになったこともあり、多くの愛用者がいます。

手軽に購入できるようになったとはいえ、自宅で洗濯をするとダウン特有の空気感が失われて、ぺしゃんこになってしまうリスクがあると思っている人は多いです。

正しい洗濯方法やちょっとしたコツをマスターすれば、高額なクリーニング代が不要になります。自宅でもベストの状態を維持してきれいにできるので、少しぐらい汚れても安心ですよ。

ダウンジャケットを洗濯する前に確認したいこと

どんな衣類にも共通していることですが、ダウンジャケットを洗濯する前にも確認すべきことがあります。ジャケットについているタグに記載されていることを忠実に守って実行すれば、ダウンジャケットは自宅でもきれいにできるんです。

最新の製品のタグのマークでは、自宅で洗濯できる製品に桶のマークがあれば自宅で洗えます。不可の場合には×がついています。ドライとなっていたらクリーニング店に出すのが通常ですが、工夫次第で自宅でも洗えます。

また自宅で洗えると宣伝している製品でも、洗濯する時の条件があるのでタグの確認は必要です。

素材をしっかり把握しておこう

タグでも確認できますが、表地によっても洗濯方法が異なります。綿、ナイロン、ポリエステルなどは特に問題はありませんが、ウール混のものは縮みやすい特徴があります。またフェイクレザーやレザーは、水に弱く色落ちすることがあるので、自宅での洗濯は避けた方が良いでしょう。

大きめの桶を用意しよう

ダウンジャケットは表地の確認も重要ですが、洗濯機に入るかどうかの確認が必要です。羽毛の量が多く厚みのあるものやサイズの大きいものは、洗濯機の容量によっては入りきらないこともあります。その場合には手洗いで対応することになりますが、大きな桶の準備も必要です。

洗面器サイズの小さな桶では、ジャケットを洗うのに十分な量の洗濯液が入りませんし、すすぎが不十分になることもあります。

ほつれなどは事前に修繕

特にダウンジャケットの場合ほつれなどの確認も必要です。ほんの小さなほつれがあっても、表地中の羽毛が洗っている間に出てきてしまう可能性があります。

特に洗濯機で洗う場合には、洗い終わるまで羽毛の飛び出しが分からないので、細かいチェックをすることが大切です。ほつれや傷を発見したら事前に繕っておくと良いでしょう。

ダウンジャケットの洗い方。洗濯機に必要な設定ある?

ダウンジャケットを洗う時の手順を説明します。

洗濯機を利用する場合

ファスナーやボタンは全て留める

単に型崩れを予防するためだけでなく、洗っている最中にジャケットの表地を傷つけるのを防ぐ目的があります。万が一表地に傷がつくと、中の羽毛が飛び出てしまうためです。

必ず単独でネットに入れる

他の洗濯ものを混ぜたり複数枚入れると、布がらみを起こします。

洗濯機の設定

ソフト、ドライ、おしゃれ着など優しく洗えるコースを選びます。通常は汚れ落ちは回転が速い通常のコースが適していますが、ダウンジャケットの場合、強い負荷をかけると中の羽毛に摩擦が加わって摩耗したり、偏ったりして型崩れの原因になります。

洗剤の選び方

一般的な洗濯洗剤は弱アルカリ性です。ダウンジャケットには中性洗剤を使用します。羽毛がアルカリ性に弱いというのが理由です。おしゃれ着用やウール用の対応衣類にダウンジャケットが記載されていれば問題はありません。

脱水の方法

脱水はごく弱くかけるかタオルドライにして、表地にしわがつかないようにしましょう。

 

洗濯機洗いが心配なら手洗いがおすすめ

ファスナーやボタンは全て留める

手洗いをする場合にも、まずジャケットのファスナーなどは全て留めます。

洗濯液の温度や濃度

大きめのオケにたっぷり洗濯液を作りますが、30度くらいのぬるま湯だと汚れが良く落ちます。洗剤の濃度は濃過ぎても汚れ落ちが良くないので、洗剤の表示通りに作りましょう。

最適な手洗い方法

ジャケットを浸す時には、大きめに畳んで入れて優しくゆっくりと押し洗いをします。しばらく押し続けて洗濯液に汚れが染み出てきたらすすぎます。すすぎの水が透明を維持するまで、何度か水を変えながらすすぎます。すすぎが不十分だと羽毛に洗剤の成分が残り、羽毛の劣化や臭いの原因になります。

脱水の方法

洗い終わったら雑巾絞りはNGてす。洗濯機で30秒くらい脱水をするかタオルドライします。タオルドライは、ジャケットから水分がしたたり落ちなくなるまで数回繰り返します。

ダウンジャケットの干し方と注意点

ダウンジャケットは、干し方に注意をしないと羽毛が偏ってしまいます。洗いたてのうちは中の羽毛が水分を含んでいるので、表地の上からでは均一に慣らすことは不可能に近いです。

羽毛を均等にする干し方

そのため水分が多い間にハンガー干しをすると、さらに重みで裾の部分に羽毛が固まって乾いてしまう可能性があります。乾いたとしても一か所に固まった羽毛を均一に慣らすのはとても大変なので、平らにして干すと良いでしょう。

他にも直射日光が当たらないことや風通しが良いことも大切な条件です。直射日光に当てれば中の羽毛は乾きやすいですが、表地が日焼けして色落ちすることがあります。

ハンガー干しにするのなら、中の羽毛が動かせる程度まで乾いてからにしましょう。ハンガーはなるべく肩の部分が厚く、アームの長いタイプが適しています。

しっかり乾かすことが大切

日陰に干す場所が見つからなければ、屋内に干して送風機か扇風機の風を当てると乾きやすいです。

ダウンジャケットは表地は乾きやすいので短時間で乾いたと勘違いすることがありますが、中の羽毛がしっかり乾くには数日かかります。カサカサと羽毛の音がしてふっくらとしてくるまでは、完全に乾いたとは言えません。

少しでも羽毛に湿気が残ったまま保管すると悪臭の元になります。最悪の場合カビが生えて、せっかくのダウンジャケットが台無しになるので慎重に干しましょう。

タンブル乾燥ができる製品なら、低温で短い時間使用するとふっくらと仕上がります。平干し、風通しの良い日陰干しを実行してもふんわり感が不足すると感じたら、タンブル乾燥をするとベストの状態に戻りやすいです。

ダウンジャケットにアイロンがけは必要なの?正しいやり方は?

基本的にダウンジャケットにはアイロンは不要です。表地の素材によってはアイロンがけNGです。しかし乾いているはずなのに、ダウンジャケットにふっくら感が物足りないと感じた時には、アイロンをかけることで戻せることもあります。

アイロンが必要な時って?

矛盾しているようですが、アイロンの可否は表地次第なのです。アイロンの熱に弱いのはナイロンです。ダウンは防寒着なので、風を通しにくいナイロンを表地に使用している製品は多いです。また上手に洗って干せばしわができにくいという特徴も持っています。

どうしてもしわが気になって仕方がない時には、しわのある部分を体温ぐらいのぬるま湯に浸すときれいのびます。濡らした部分をタオルで軽く拭いて、風通しの良い場所に干して乾かしましょう。

アイロンの上手なかけ方

どうしてもアイロンでしわ伸ばしが必要な状態になっていたら、ドライモードでアイロンをかけます。ジャケットの上には濡らしたハンカチや手ぬぐいを当て布として利用し、ドライにして低温でアイロンを当てます。

強く押し当てると羽毛が含んだ空気が抜けてしまうので、生地に触れるか触れないか程度の弱い圧力をかけるのがポイントです。生地を少し引っ張りながら熱を加えるとしわは伸びやすいです。

表地がナイロンの場合には、多少のしわが残ってもアイロンは使用できないと知っていれば、ダウンジャケットをベストの状態で長く着られますね。

ダウンジャケットの保管の仕方

ダウンジャケットはふんわりしていなけれは意味がありませんが、その分カサがあるので保管場所に困ることも多いです。衣装ケースに畳んでしまうにしても1着でいっぱいになりますし、クローゼットにつるして保管するにも、場所をとるので他の衣類をかけられないという不便も起こります。

防寒着なので長くてワンシーズン、気候によっては真冬の極わずかな間しか着ないこともあります。冬場にはなければ寒い思いをしますが、着ない時には邪魔なだけなんですよね。

ダウンジャケットは、羽毛が空気を含んでふっくらとしているので、空気の量を少なくすればカサは減らせます。

圧縮袋を活用しよう

空気を抜いてカサを減らすアイテムなら圧縮袋があります。衣類用はジャケットを畳んで入れ、裾からくるくると巻きながら空気を押し出すタイプが一般的です。

他にも衣類を入れた後で、掃除機で空気を吸い出すタイプもあります。畳む回数をすくなくすること、畳んだ大きさに合わせたサイズにし、できるだけ平らな状態に圧縮しましょう。

しわになると心配するかもしれませんが、袋から出してしばらく風通しの良い場所につるしておけば、しわは目立たなくなってふっくらとします。

収納袋を活用しよう

ダウン素材専用の収納袋を利用してもよいでしょう。寝具用が多いですがジャケット用もあります。

こちらは空気を抜いて保管するのではなく、ふっくら感をできるだけ維持した状態で袋に収納できるアイテムです。ファスナーがついていてカサが半分くらいになるので、ただ畳んで衣装ケースに保管するよりは場所を取りません。

ほこりもつかないですし、しわにもなりにくいのが特徴です。なにより中の羽毛が圧縮されないので傷みにくいです。

圧縮袋の使用厳禁と注意書きがされているダウンジャケットは、収納袋なら安心して保管ができます。専用の収納袋がついている製品もあります。

あまり羽毛の量が多くない薄型のタイプで、くるくると巻いて小さくまとめて保管します。バスタオルを巻いたくらいの大きさになるので、携帯用として重宝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です