デニムはクリーニングがおすすめ!料金や日数、注意点など徹底解説!

デニムクリーニング

年中活躍してくれるデニムですが、洗濯するとゴワゴワしたり色落ちしたりと風合いが変わってしまいます。

デニムは洗わなくてもいいという話が広まっていることもあり、なかには汚れたり悪臭がしていても1度も洗濯していないという方も。

実は、デニムは洗濯ではなくクリーニングがおすすめなんです!

今回は、デニムをクリーニングに出すことのメリットや、料金目安と仕上がりまでの日数、おすすめの頻度についてご紹介します。

家で洗う際の洗濯方法や干し方、保管方法についても参考にして、長くデニムを愛用していきましょう!

デニムは洗っても良いの?

よくデニムは洗わない方がいいという話を聞きますよね!

この理由は、デニムを洗うと風合いが変わっていってしまうためなんです。

ですが、デニムをずっと洗わないのは不衛生。

皮脂や汗が染みついてしまうと悪臭が出たり、カビの発生の原因になったりしてしまうので、デニムを全く洗わないというのはNGなんです。

デニムの風合いを保ちながら汚れによるダメージを防ぐためにも、適切にお手入れしていきましょう!

参照:「ジーンズ」を洗わずに履くと起きること

デニムはクリーニングがおすすめ!

デニムの風合いを保ちながら正しく洗うためには、クリーニングがおすすめです!

デニムをクリーニングに出すことで得られるメリットをご紹介します。

ほかの洗濯物に色移りの心配がない

特に色の濃いデニムを家で洗濯すると、ほかの洗濯物に色が移ってしまいますよね。

先日、我が家も失敗してしまったのですが、白い衣類なんかは、うっすらとブルーがかって汚れて見えるようになってしまいました。

デニムは、家で洗濯することは可能ですが、こうした色移りの心配があるので、クリーニングで単独で洗ったり温度管理に注意したりと適切に洗濯をしてもらうのがおすすめです。

色落ちや型崩れの心配がない

家でデニムを洗濯すると、どうしても色落ちや型崩れしてしまいますよね。

洗濯後は妙に縮んで履きにくくなるなど、家でデニムをやわらかく仕上げるのは至難の業です。

クリーニングなら、デニムに最適な洗い方をしてくれるので、家庭での洗濯のような失敗がなく、色落ち・型崩れ・縮みを防いで仕上げてくれますよ。

装飾がついたデニムもOK

装飾が付いたデニムやダメージジーンズなどは、家で洗濯すると装飾が取れたりダメージ加工が変わってしまう可能性があります。

クリーニングなら、装飾が付いているデニムを水洗いできるか的確に判断して配慮しながら仕上げてくれますし、ダメージ加工のデニムも裂けないようていねいに洗ってくれますよ。

デニムクリーニングの料金相場

一般的なデニムのクリーニング料金は、600~800円となっています。

一部に本革を使用しているデニムや、シミ抜きなどの特殊クリーニングが必要な場合は、オプション料金が加算されます。

日数、納期の目安

デニムクリーニングが仕上がる日数ですが、2日~1週間ほど。宅配クリーニングの場合は、ここに往復の配達日数が上乗せになります。

装飾がついていたりダメージ加工のデニムの場合は、仕上がりに10~20日ほどかかってしまう場合もあるので注意しましょう。

デニムをクリーニングに出す頻度

デニムは、頻繁に洗うといくらクリーニングでも風合いが変わったり型崩れがおきたりしてしまいます。

デニムをクリーニングに出す頻度については、その人の履き方など環境に大きく左右されるのですが、目安としては

  • 夏は月に2回
  • 夏以外の季節は月に1回

クリーニングに出すのがおすすめです。

汗をたくさんかいたり、食べこぼしなどシミができたりしてしまった場合は、放置すると落ちにくくなってしまうのですぐにクリーニングに出しましょう。

デニムクリーニング店おすすめ3選!

デニムをクリーニングに出すのにおすすめのクリーニング店をご紹介します。

リナビス

宅配クリーニングのリナビスは、創業60年の老舗クリーニング店で熟練した職人が手作業でクリーニングを行ってくれます。

高級ブランドのクリーニングにも精通しているので、お気に入りのヴィンテージデニムを出すのにおすすめです。

ただし、単品での注文はできず最低でも5点コースからの利用となり、料金も9,450円(税込)と安くはありません。

ほかにも高級ブランドの衣類があってまとめて依頼したい方におすすめの宅配クリーニングです。

リネット

大手宅配クリーニングのリネットは、単品でもクリーニングを依頼することができます。

リネットは、初回利用時やプレミアム会員のサービスが充実しているにもかかわらず、格安で利用することができますよ。

デニム1枚の料金は、通常コースで726円(税込)/贅沢手仕上げコースで1,496円(税込)となっています。

プレミアム会員で東京23区やその他一部地域の方は、最短2日で仕上げてくれるので、急ぎの方にもおすすめです。

三共クリーニング

三共クリーニングは、創業1927年とこちらも老舗のクリーニング店で、宅配クリーニングも行っています。

一般のクリーニング店では断られる難洗衣類もきれいに仕上げてくれますよ。

すべての工程に細心の注意を払いながら仕上げてくれるので、色落ちやダメージを避けたいハイブランドの高級デニムをクリーニングしたい方におすすめです。

取り扱いブランドは、ヴィトンやグッチ、ディーゼル、クロムハーツ、シュプリーム、リーバイス、エドウィン、リー、ドルガバなどなど。

店舗持ち込み料金は、1,100円(税込)~。

集配・宅配の場合は、1,320円(税込)~。1回限りの集配の場合は、2,200円以上の利用。2,200円以下の場合、集配料金として990円が別途かかります。

デニムをクリーニングに出す際の注意点

デニムをクリーニングに出す際は、トラブルを防ぐために以下のポイントに注意しましょう。

タグをチェック

デニムのタグなど一部に本革が使われていると、クリーニングを断られるケースがあります。

クリーニングを請け負ってくれる場合でも、革の面積が多い場合は革製品扱いとなり、料金が高くなったり仕上がりまでの日数がかかってしまうので、事前に確認しておきましょう。

装飾品をチェック

デニムに装飾がついている場合は、それが接着でついているのか縫いつけられているのか確認しておきましょう。

デニムクリーニングでは、色落ちを防ぐために温度を上げずに洗濯するのですが、それでも接着された装飾が剥がれてしまう可能性があるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

デニムを家で洗濯する際の方法と干し方

頻繁にクリーニングに出せないという場合は、家でもデニムは洗濯することができます。

極力デニムに負担をかけない方法で洗い、正しい干し方でダメージを防ぎましょう。

洗濯方法

用意するもの

  • デニムが入る桶など
  • おしゃれ着用洗剤
  • お好みで柔軟剤
  • 三つ折りしたデニムが入る大きさの洗濯ネット
  1. デニムを裏返す。
  2. 桶に常温の水を入れておしゃれ着洗剤を規定量溶かす。
  3. デニムを入れてやさしく押し洗いする。汚れが気になる場合は10分ほど浸け置きする。
  4. 1番弱いコースで1分脱水する。装飾デニムやダメージ加工のデニムは三つ折りにして洗濯ネットに入れてから脱水する。
  5. 桶に水を入れたら柔軟剤を溶かし、脱水したデニムを押し洗いしてすすぐ。
  6. 1番弱いコースで1分脱水する。

干し方

  • 洗濯が終わったら、ある程度シワを伸ばす。
  • 角ハンガーを使い、裏返しのまま筒状になるように洗濯ばさみで留めて干す。

乾燥機でデニムを乾燥させると、擦れて色落ちしたり生地が縮んでしまうので注意してくださいね。

デニム着用後のケアと保管方法

デニムは着用するたびに洗わないので、着たあとのケアや保管方法が重要です。

デニムは生地が厚いので、汗や皮脂は表地まではしみにくくなっています。

そのため、着用後は裏返しにして陰干しし、蒸れを乾燥させて悪臭が出ないようにしましょう。

ニオイが気になるときは、消臭スプレーを適量かけてください。大量にかけるとシミの原因になるので注意しましょう。

ふつうのハンガーにデニムを二つ折りにしてかけたり畳んだりして保管すると、折り目とハンガーが擦れた部分が色落ちしてしまう可能性があります。

着用後に保管するときは、ピンチハンガーに吊すのがベストですが、どうしても畳む必要がある場合は、左右真ん中で折って保管しましょう。

まとめ

デニムは家で洗濯することができますが、風合いの変化や型崩れなどを防ぐためにはクリーニングに出すのがおすすめです。

クリーニングに出す際は、タグや装飾品をチェックし、気になる点がある場合は事前にクリーニング店に確認しておきましょう。

クリーニングも、しょっちゅう出すと色落ちなどの原因になってしまうので、ご紹介したおすすめの頻度で出すようにしてくださいね。

クリーニングで適切にお手入れして、デニムを長く愛用していきましょう!